セックスレスな関係での妻の気持ちは

セックスレスな関係での妻の気持ちは

 

結婚してしばらく経つと、セックスレスな関係が続いてしまうこともあります。仕事が忙しく疲れていると、セックスする気分にはなれないという男性も多くいるでしょう。

 

そのような忙しさを言い訳にしていると、最初は週に1回になってそのうち年に1回以下のペースになってしまうケースも見られます

 

夫側から見れば、妻に愛しているという言葉を伝えているしセックスの回数が減っても何の問題もないと考えていることもあります。ですが妻にとっては、セックスの回数が減った=愛情が薄れたと捉えられてしまうこともあるので注意が必要です。

 

セックスの回数が減ったくらいで気持ちが離れたと思うのは、大げさだと感じる方もいるでしょう。ですが多くの女性は、言葉だけではなく行動で愛を示してほしいと感じているのです。

 

だからこそ言葉だけで気持ちを伝えるのではなく、時にはセックスという形で2人の愛を確認することも大切です。

 

またセックスの回数が減ってきても、妻から定期的に誘いが来ることもあるでしょう。実際に誘いがあったとしても、仕事で疲れていると断ってしまう方も多くいます。

 

ですが誘いがあったというのは、2人の愛を確かめたいという妻からのSOSでもあるのです。女性から頻繁に誘うのは抵抗があるものなので、誘いがあったということは妻が思いつめている状態の可能性も高くなります。

 

2人の愛を確かめたいという女性の気持ちを汲み取って、誘いに応じる機会を作るようにしましょう。本当に仕事で疲れているときには、早いうちにセックスの機会を作ることが大切です。


トップへ戻る