無自覚なうちにセックスレスになっていた

無自覚なうちにセックスレスになっていた

無自覚なうちにセックスレスになっていた

無自覚なうちにセックスレスになっていた

 

夫婦の仲良しの象徴としてセックスがあげられますが、今無自覚なうちにセックスレスになっている夫婦が増えています。子育てや日々の忙しさに追われているうちに、いつの間にかセックスレスになっているといった場合もありますし。

 

なかなかセックスをしようとする気力がわかなかったり、相手に対してセックスの話題を持ち出すことさえできなくなっていることもあります。

 

解消方法の1つとしては誕生日やクリスマスなどの記念日に相手を労う言葉をかけながらムードも作りつつセックスをする雰囲気に持ち込むという方法があります。

 

普段の生活の中でそういう話題を出すのは気が引けるという人は多いかと思いますが、記念日だと特別な日という認識があるため、普段より話題を出しやすいと思います。

 

また、普段の生活で夫婦の仲が悪いのにセックスをするというのはほぼあり得ません。そのため、普段からお互いに協力し合い、未来の話をしたりすることが重要となってきます。

無自覚なうちにセックスレスになっていた-2

無自覚なうちにセックスレスになっていた

 

意識的に自覚しているセックスレスは本人とパートナー次第で早期に治療できるのですが、あなたは知らないうちにセックスレスになっていませんか。

 

実は無自覚でセックスレスという方は意外にも多く、その大多数はその他の生活が充実して気持ちが満たされている事、そもそもあまり性的なことに興味がないなどセックスに関心が湧かない方が多いようです。

 

中にはパートナーとのセックスの頻度が合わなくて、断り続けていたらいつの間にかレスになっていたという事もあります。

 

パートナーがそれで良ければいいのですが、不満に思っているかもしれないので、一度冷静になって自分はセックスレスではないのかな、と考えてみる事が大切です。無自覚なセックスレスほど気づいた時に自分を責めずに相手との話し合いが必要になってきます。

 

セックスは心も身体も繋がる大切な行為だからこそパートナーとの関係を大事に保っていきたいですね。無自覚のパートナーがいる方は一度やんわりと誘ってみると良いかもしれませんね。


トップへ戻る