倦怠期でセックスレスになってしまったら

倦怠期でのセックスレスを乗り越える

倦怠期でのセックスレスを乗り越える

倦怠期でのセックスレスを乗り越える

 

倦怠期を簡単に説明しますと“飽き”になります。これはどんな方でも一度は訪れることであって、相性の良いカップルやセックスができてたとしても訪れます。

 

倦怠期は何か理由があって仲が悪くなった等ではないので、それぞれの心の問題であって、そこの部分を考えないとセックスレスを乗り切れません。

 

飽きたからといって愛していない訳ではありませんので、自分の心に向きあったり、相手を色んな角度で見たりして、新鮮な気持ちで付き合うことも大切です。

 

ずっと同じことを続けていけば、セックスに飽きがきたり、惰性になったりするようにいずれはセックスレスになる危険性があります。倦怠期のセックスレスを嫌いになったからしなくなったと勘違いしてしまい、それが続くと別れや離婚の原因にもなります。

 

少しのすれ違いから何年もセックスレスが続くことも少なくありませんので、お互いに努力が必要と言えるでしょう。なかなか気が付かないことで、そういった時に不満が溜まると本格的に危なくなりますから心のケアが大切です。

倦怠期のセックスレスは別れの原因

仲が良い熱々のカップルでもいつかは倦怠期がきます。そういう時にセックスレスが起こることが多く、それが長く続くようになり、好きではなくなった、嫌われたと思うようになって別れることが多いです。

 

どういったカップルであっても倦怠期は必ず訪れるものなので、ここを上手く乗り切れるかどうかが大きなポイントになります。嫌な気持ちをずるずると持ち続けると当然セックスレスになりますし、無理にセックスをしたとしても倦怠期を抜け出せないかもしれません。

 

こういった時期は距離を少し置いてみることが大事であり、それぞれが考える時間を作ってあげると良いでしょう。一人の時間で相手が必要と考えることができれば倦怠期を抜け出して、セックスレスも解消することができます。

 

もしここで相手が浮気をしてしまったら破局してしまいますが、二人の関係の再確認のため倦怠期は必要と言えます。再確認して相手が必要という結論になれば、今まで以上に愛し合えるかもしれませんね。


トップへ戻る