EDでセックスレスにならないようにするには

EDでのセックスレスはお互いの協力が必要

edによるセックスレスの悩み

EDでのセックスレスはお互いの協力が必要

 

edになってしまうとセックスをしたい気持ちがあってもセックスレス状態になってしまい、お互いに険悪な仲になってしまうことが多々あります。

 

edと言いましても多くの方が精神的な理由によるものになりますから自慰行為などは可能であり、それを知った奥さんが大きな不満を持つというパターンが多いのです。

 

時には愛情がないから勃たないんだと思い込んで、喧嘩をしたり、疎遠になったりとセックスレスによる要求不足以外の面でも不満が高まります。男性側も性欲が湧かないからとセックス以前のキスやハグといった行為もしない方も多く、溝を深めてしまいます。

 

edになってもお互いに努力をしている夫婦やカップルも多くいまして、直接的な行為だけではなく愛し合うことは可能なので、少しずつ克服していくことはできます。

 

セックスレスでも愛し合うことはでき、もしedが治ってもスキンシップをしていなかったら本当の意味でのセックスレスになる可能性がありますよ。

妻だけedによるセックスレス

最近、奥さんだけに勃たない妻だけedという方が増加しています。どういったedなのか説明しますと、奥さんの出産に立ち会った旦那さんが、その光景がトラウマとなり、いざという時に性的興奮を抱かなくなった現象になります。

 

また奥さんを妻ではなく母親として見るようになるのも含まれていまして、一人でする時や他の人なら大丈夫なのに奥さんにだけ興奮せず、セックスレス状態になるのです。

 

それに加えて子作りのプレッシャーも妻だけedになるキッカケと言われていまして、忙しいのに、疲れているのに無理に求められると反発してしまいます。

 

このようなことが原因でedとなり、セックスレスになるのですが、これを解消するためには普段からの夫婦間のコミュニケーションが大事です。

 

edと聞くと男性だけの問題と思われますが、女性側の協力や理解も必要であり、ちょっとした気配りで改善が可能でセックスレスを克服できます。

 

また過去のトラウマになりますが、セックスがしたくなる雰囲気やムード作り、いつもと違う面を出したり、安心感を与えたり、精神的な部分で盛り上げることが必要らになりますよ。

ED専門おすすめサイト

ED改善の総合サイト


トップへ戻る