セックスレスに陥ってしまう3つの原因とは

セックスレスに陥ってしまう3つの原因とは

 

セックスレスで悩んでいる人は、意外と多いです。近年ではセックスレスのカップルが増加傾向にあり、離婚の原因にもなっているというのですから、他人事ではありませんよね。

 

しかしなぜ、セックスレスになってしまうのでしょうか。病気などの特別な理由がないのにセックスレスになってしまう3つの原因について、調べてみました。

1、妻を「女」ではなく「子どもの母親」として見てしまう

子どもが生まれてからセックスレスになってしまった夫婦にもっとも多いのが、妻への意識が変わってしまったというもの。

 

子どもが生まれるまでは「女」として見ていた妻のことを、いつしか「子どもの母親」として見るようになってしまったのです。母親に性的感情はわきませんから、必然的にセックスレスになるのは目に見えていますね。

2、セックスを断り続けた結果

たとえばお互いに仕事が忙しい、子どもの夜泣きで大変など、様々な事情があることはお察しします。はじめの頃は頻繁に「今夜…」と誘っていたとしても、毎回断られていると、次第に誘いにくくなりますよね?

 

「また断られるかも」という不安から誘わなくなり、そのままセックスレスになってしまうというパターンです。また、妻の妊娠をきっかけにセックスレスになるというカップルも多いもの。

 

妊娠中にセックスがNGというわけではありませんが、妊娠前のようなセックスはできません。妊娠中には気分がのらないという女性も多いことでしょう。

 

出産すれば毎日寝不足で赤ちゃんのお世話をすることになりますので、正直セックスする時間があるなら寝たい!と思う気持ちも分かります。そういう「セックスを断り続けた」結果が、今のセックスレスに繋がっているのかもしれません。

3、女を捨ててしまった

結婚する前は、おしゃれをしていた女性も、結婚すると安心してしまい、つい見た目に気を配るのを忘れてしまっていませんか?

 

男性は、いつでも女性にはきれいでいてほしいと思うもの。ヘアアレンジやメイク、ファッションなどに気を抜き過ぎていることで、女として見られなくなってしまうこともあります。

 

特に専業主婦をしていると、ついグータラしすぎて太ったり…なんてことも珍しくありません。自分磨きも忘れないようにしたいですね。

まとめ

セックスレスになる3つの原因について、お話ししました。当てはまるものはありましたか?もちろん原因はこれだけではないと思いますが、どれかに当てはまると思った人は、これをきっかけに対策を練ってみましょう。セックスレスはあなただけではなく、2人の問題です。2人で話し合い、よい結論が出せるといいですね。


トップへ戻る