仲の良いカップルに理想的なセックス頻度とは

一般的に理想的なセックス頻度とは

一般的に理想的なセックス頻度とは

一般的に理想的なセックス頻度とは

 

そもそもセックスは男女によって考え方が違うように思われますが、昔からお互いの愛を確かめ合う為に誰に指図されることなく最高潮に達した時に、その欲求を満たすお互いの意志で行うものです。

 

これは、愛を育むまでの事で、育んでしまった後は、お互いの価値観のもとで、するしない、ひいては週に何回なんて言う統計的な話になってしまうのですが、理想的なセックスというのは、社会常識的理念の上で問われるものではなく、純粋に男と女が愛し合う究極の愛の形でなければありえない話ですので、そうであれば、男性から求める頻度は多くなり、男性にとりましては、それは理想のセックスの形になります。

 

日本人の夫婦で1ヶ月のセックスの回数を見ますと、平均2.1回で、20代の夫婦が4.1回を頂点に、世代間で年齢が高くなるにつれて下がっています。

 

これは、驚く事ではありませんがやはり夫婦となるとそのセックス頻度は減ってしまいますが、これは夫婦であるという以前に、男女であるという事でその特性を考えたら、むしろ当然の事であると思わざるを得ませんが、夫婦という特別な形であれば、愛情はそれを乗り越える事が可能です。

一般的に理想的なセックス頻度とは-2

一般的に理想的なセックス頻度とは

 

男女の関係において、セックスは一種の愛情表現となります。お互いが求めあい、2人の気持ちをより深める潤滑油です。

 

しかし、そう何度も求めるとうんざりします。体目当てと思われ、関係を深めるどころか亀裂が入ります。何事にも限度があり、2人で話し合いどのくらいの頻度が良いか相談するべきです。

 

理想のセックス頻度は、週2回程度という結果があります。少ないと思われがちですが、あながち妥当ともとれます。私たちは平日は働き、週末は遊ぶなど時間が定められています。

 

そのため、お互いのスケジュールと体調が合わずセックスへのモチベーションが下がります。2回というのは、セックスの日と自分の日を分けるには丁度良い感覚です。

 

一概に理想のセックス頻度というのは、個人の価値観で決まります。多い方が良い、少ない方が良いかは双方の気持ち次第です。

 

どちらが満足するかは、2人でよく考えることです。多かれ少なかれ、愛のないセックスだけはしないことが理想になります。


トップへ戻る