セックスレスで妻側が拒んでいる場合の本当の理由は

セックスレスで妻側が拒んでいる理由

 

セックスレスは夫婦関係を悪化させてしまう原因で、ときに離婚に発展することもあります。妻側が拒んでいる場合の理由は複数考えられますが、もともと性行為があまり好きではなかった可能性があります。

 

性欲には個人差があるもので、強い人もいれば弱い人もいるわけです。一般的に女性の性欲は男性より弱いことが多く、これにはホルモンバランスが関係しています。

 

男性ホルモンは男女ともに有していますが、男性のほうが多いのは間違いありません。男性ホルモンは性欲を司るため、分泌が少ない女性は性欲が弱いというわけです。

 

とは言っても妻側が拒否する理由はほかにもある可能性が高く、セックスレスの原因としてよく見られるのは男性の下半身の問題です。

 

包茎で強烈なニオイを発しているなら、女性は抵抗を覚えてしまうでしょう。包茎は男性自身が想像している以上に強いニオイを発生させるので、女性側としては非常に嫌がっているかもしれません。

 

短小やEDなども一つの原因となりますが、下半身の問題で一番大きいのは包茎だと言われています。

 

不妊症の原因の3〜4割は男性にあると言われるように、セックスレスの原因がすべて妻側にあるとは言い切れません。男性側にある可能性もあるため、冷静に原因を考えてみてください。

 

早漏や短調な性行為なども原因となりやすいので、思い当たるところがあれば改善させる必要があります。最近は下半身の悩みを解消できる治療薬が登場しており、EDならばED治療薬を服用すれば解決できます。


トップへ戻る