セックスレスで妻が拒否するのは性欲が無いからなのか?

セックスレスで妻が拒否するのは性欲が無いから?

 

夫婦がセックスレスになる可能性が1番高いのは、妻が赤ちゃんを出産した直後です。近頃は産後クライシスと呼ばれる言葉を耳にする機会も増えてきています。昔から、赤ちゃんを出産した直後は夫婦関係が変化しやすい傾向にありました。

 

赤ちゃんを出産してから1ヶ月から2ヶ月ぐらいの経つまではセックスをしてはいけないとされています。出産してから、しばらく経つまでは、まだ傷や痛みが残っているからです。

 

セックスを行って、また身体が痛むことを躊躇する女性の心情は理解することができます。しかし2ヶ月以上が経過してから再びセックスを行うようになる夫婦は、およそ半分ぐらいしか存在しません。

 

つまり、およそ半分ぐらいの夫婦が、赤ちゃんを出産したことをきっかけにセックスレスになってしまっていることになります。
子供を出産した後の妻は非常に忙しい状態です。

 

やるべきことが山程あり頭の中が子供のことで一杯になってしまいます。そのため抱え込んでいるストレスも相当なものです。

 

どんなに夫は子育てに協力的であったとしても完全に妻の気持ちを慮るのは非常に困難なことになります。

 

食事や睡眠が満足に出来ない状況ではセックスをする暇があるならば少しの間だけでも寝ておきたいと考えるのは仕方のないことで性欲が無いからであるとは限りません。

 

ただし、赤ちゃんを出産してから、しばらく経ってからもセックスレスの状態が続く場合は本当に性欲が無くなってしまったり、浮気をしていたり、浮気までは至らなくても他の男性に恋心を抱いている可能性はあります。


トップへ戻る