性欲旺盛なはずの20代でセックスレス

20代なのにセックスレスになるのは

20代でセックスレスになる人が増えている

20代なのにセックスレスになるのは

 

20代の若いカップルや夫婦で最近セックスレスが増加しています。その大きな理由となっているのが夫婦や恋人というような関係ではなく、兄妹や友達といった関係のような感じになっているからです。

 

それに加えて、男性がリードするのではなく女性がリードする方が増加しており、男性からあまりセックスを求めなくなり、20代でセックスレスが増えているのです。

 

女性の男性化と呼ばれることが多い昨今ですが、セックスに関しても例外ではなく、そういった女性に魅力を感じなくなった男性も多いのです。同じ趣味で知り合ったカップルだと友達付きあいの延長が強く、セックスレスに陥りがちになってしまうでしょう。

 

これらは若い世代を中心に増加していまして、セックスレスを解消するためには男性の積極的な行動と女性の魅力が必要となります。それぞれの性の部分を意識することで解消していける問題となりますので、20代同士の付き合いでもそこの部分を考えてみましょう。

仲良しなのに20代でセックスレス

20代でセックスレスになる人の多くは、とても仲良しなのにセックスをできない関係になってしまっています。当然キスやハグなどもしますし、好き同士なのですが、セックスには及び腰になってしまう人が多いでしょう。

 

「好きだ」と声を掛けられてもセックスレスの状態だと、魅力を感じてないのかなぁと悩んでしまう女性は本当に多いです。また友達のような感覚の連れのような感覚で付き合っている方も多くいて、セックスを申し出て断られると落ち込んでしまう方も少なくありません。

 

特に20代だと若い同士なので一番セックスに興味がある年代になりますが、そういった時にセックスレスというのは女性をおおいに悩ませます。

 

男女お互いにある程度の年齢になりますと、仕方がないと諦めてしまったり、妥協したりする人も多いですけど、20代だと自分の魅力のなさ、本当は好きじゃないのかもという風に内面に向きやすくなります。仲良しであっても疑心になりますから、セックスレス解消の努力共に心のケアも大事にしなければなりません。


トップへ戻る