働き盛りの40代でセックスレス

半数が40代でセックスレス!?

40代からのセックスレスの問題

半数が40代でセックスレス!?

 

40代になると体力も落ちてきますが、精神的な部分でも大きく変化します。長年結婚生活を送っていた夫婦でも同様で40代後半になりますと、生理的に受け付けなくなってしまうことが多々あります。単純にセックスレスになるのではなく、会話が無くなったり、触れ合うのも嫌になったりと家庭の中が冷え込む年代でもあるのです。

 

このような状態になるのは日頃からの精神的なダメージが蓄積され、セックスが嫌、触られるのが嫌と身体的な拒否だけではなく、心でも相手を拒否することになります。

 

これが続くことにより、熟年離婚となりますので、40代からではなく、40代以前から相手への気配りや心遣いを大切にしておかないといけません。自然と相手に触れたい、触りたいと思うのであればセックスレスになることはありませんから、思いやりの心を忘れないようにしましょう。

 

体力的な問題もありますが、心と心が一致していれば、40代でもセックスレスは気にしなくても良いかもしれません。

40代のセックスレスの主な原因

40代でセックスレスになる主な原因の一つにあるのは体力になります。20代・30代といった若い時はいくらでもセックスができる体力がありますが、40代になってくると体力が落ちてきます。

 

もちろん男性の精力も落ちてきますので、それに比例してセックスの回数が減り、いつのまにかセックスレスとなります。何歳になってもセックスはできますが、セックスしないことが日常的になりやすいのがこの年代であり、体力はとても大事と言えるでしょう。

 

それともう一つ重要になってくるのが日々のストレスになります。男性、女性関わらず40代になりますと役職も上がり、仕事の中でのストレスが増加し、責任が増えてくる年代です。

 

家庭の中でもお子さんが成長して思春期や成人を迎える年代になってきて、生活の中での責任やストレスが増え、それらに追われてセックスレスになることがあります。ストレスは男性の精力や気力に直結するものでありますから、そういった部分のケアが重要になってくるでしょう。


トップへ戻る