セックスレスで妻が拒否している場合に離婚は出来るのか?

セックスレスで妻が拒否している場合に離婚は

 

離婚をしたいと考える理由は様々ですが、その1つに妻から性行為を拒否されたことが原因となる場合があります。民法においては、婚姻関係にある夫婦は必ず性交渉をしなければならないと定められているわけではありませんが、性交渉は夫婦関係を築くために必要な要素だと捉えられています。

 

そのためセックスレスが原因で一方が離婚を求められるということはあり得ることです。性行為は両方の合意の下で行うことが当然ですが、夫婦関係でありながら一方が特別な理由もなしに拒否をしてセックスレスの関係になった場合は離婚請求を行うことができます。

 

その理由としてセックスレスは性格の不一致の1種だと法律では考えられているので、離婚を認められることができるからです。

 

ただセックスレスが証明できたからといって、すぐに離婚を認められるわけではありません。婚姻関係を継続するためには、性行為だけでなく経済的な問題や心のつながりなど様々な要素が必要です。

 

他の要素が良好であれば婚姻関係を持続させるために問題ないということで、セックスレスであっても離婚が認められない場合があります。

 

もちろん特別な理由がない場合に妻から性行為を拒否されたりすると、認められることもあります。また理由もなく妻から拒否されたら、普段から会話も成り立たなくなって喧嘩も起こりやすくなります。

 

そうなるとこれ以上、結婚生活を続けられないという判断から離婚できることも多いのでまずは話し合うことが大切です。


トップへ戻る