セックスレスで離婚は出来るのか

セックスレスで離婚を真剣に考える

セックスレスでの離婚は裁判所の判断

セックスレスで離婚を真剣に考える

 

セックスレスを理由とした離婚をする場合は、それを原因として認めて貰える必要があり、裁判所の判断が必要不可欠です。

 

当然ですけどお互いにさまざまなことを合意した協議離婚ができれば裁判所を通す必要がありませんが、納得できない、強制力のある慰謝料を要求したいと考えているのでしたら裁判所を通さないといけません。

 

セックスレスを離婚原因とするためには、婚姻を継続しがたい重大な事由があり、それが夫婦関係を破綻させたかどうかを判断してもらわないといけません。ここでいうセックスレスのことが重大な事由になりますが、裁判所が判断するために証拠が必要となります。

 

一般的にはセックスが1ヶ月以上ない状態がセックスレスですけど、高額な慰謝料を貰うためには結婚してから一度もセックスがない、セックスレスの期間が長い、不倫相手とはセックスをしていた等になります。数回程度のセックスを拒否した程度では裁判で認められていないことが多く、1年以上の期間が必要と言えるでしょう。

セックスレス後の浮気で離婚

夫婦間でセックスレスが続くと気持ちや身体の穴埋めをするために浮気に走る場合が多々あります。セックスを拒否された方が、その欲求や気持ちを埋めるために行ない、ズルズルと浮気の関係が続いてしまい離婚に至るケースがあります。

 

セックスレスで仕方なく外で欲求を抑えてくるという光景は日常的に多いかと思います。特に男性の場合は風俗の利用などが挙げられますが、それを超えて浮気をしてしまうと離婚になる危険性が高くなります。

 

男性、女性の両方に言えることですが、セックスレスにならないように言動に気を遣ったり、相手を思いやったりするけど、どうしようもない場合があります。そうなるとセックスを拒否された側もパートナーを異性に見えなくなり、より関係が冷え込む原因となってしまうでしょう。

 

セックスレスになっても友人関係のように仲良くしている夫婦はいますが、セックスレスは離婚に直結していると言えます。離婚しないためにも相手との距離を考えた生活を日頃から行なう必要があるでしょう。"

離婚関連情報

離婚で悩んだ時に参考になるサイト

 

離婚相談

セックスレス・離婚の関連情報


トップへ戻る