セックスレスは社会問題!少子化問題にも発展している

セックスレスは社会問題になっている

セックスレスは日本の社会問題

セックスレスは社会問題になっている

 

セックスレスは日本の社会問題として蔓延しています。その証拠として多くの方がセックスレスでも仕方がないという空気になり、それが当たり前とされている世の中になっています。

 

セックスレスはさまざまな原因がありますが、世界の中で抜けて日本がセックスレスという数字が出ており、社会問題化しています。

 

お互いの気持ちの歩み寄りは当然ですが、日本の社会のあり方もセックスレスの社会問題化に拍車を掛けていまして、労働時間の長さ、男性と女性の保守的な考え、子供を作るなどの将来の不安などが根底にあります。

 

その中には草食男子と呼ばれる方や積極的ではない民族性の問題も加味しますが、日本の社会の構造がセックスレスを後押ししているのは間違いありません。

 

安心して子供を作れない環境、残業や休日出勤や通勤の長さといった労働環境による影響、日本人の保守的な考え方によってセックスレスが起こっているのも事実です。

 

もちろん夫婦仲の問題や産後クライシスといったことも原因ではありますが、日本の根本的な問題により社会問題に発展していると言えるでしょう。

社会問題化しているセックスレス

セックスレスはもはや社会問題化しており、セックスしないことが当たり前の世の中になっています。何故セックスレスになったのかというアンケートだと、男性が仕事が大変、疲れているというものが上位となり、女性だと面倒といった答えがきます。

 

これらの回答から分かるように、いくらセックスをしたくても環境によってできない場合があり、いつの間にか社会問題化しているのです。女性の場合だと面倒といった答えになりますが、男性と一緒で家庭での仕事や育児もあり、求められる方のパターンになりますから面倒と感じることは多々あるでしょう。

 

この社会問題化しているセックスレスを解消するためには、片方だけではなく男性、女性とも気をつけるべき点は多いのです。セックスレスになるきっかけは恋人から家族、妻から母親になるパターンが多く、そこを意識しなければなりません。

 

またセックスは面倒と思わないためにも健康にも良い、家庭にも良いという風に前向きに捉えることが大切となってくるでしょう。


トップへ戻る