もしかして私って不感症!?

不感症からセックスレスになってしまう場合があります

 

不感症とは性行為による快感を感じられない症状を指します。不感症は男性にも起こることがありますが、女性の方が非常に多いです。

 

不感症は身体的なことが原因で起ることもありますが、多くの場合はメンタル面に原因があります。たとえば、気分がのらなかったり緊張しすぎたりする場合に、そうなってしまうケースが多いのです。

 

また女性に問題があるのではなく、男性に問題がある場合もあります。つまり、男性の性行為の方法が正しくなかったり未熟であったりするケースです。

 

そのような場合は不快な気分になることも多いため、メンタル面の原因も同時に生じることになるでしょう。女性は雰囲気を重視する傾向があるので、意外とそういうケースは多いのです。もし相手が恋人や夫であれば、相談することによって改善できる可能性が高いです。

 

身体的なことが原因の場合は、医師の診察を受けた方が改善の見込みがあります。しかし、まずはメンタル面をチェックしたり、パートナーと相談したりしてください。

不感症とは

性欲はあるのに、性的な快感を感じにくい状態のことを不感症と言います。日本人の女性の2人に1人は不感症であると言うデーターもあるほどで、決して珍しいわけではありません。

 

医学的な病気というわけでなく、民間で通じる言葉ですが、本人は悩んでしまう例が少なくありません。原因は大きく分けて2つあります。

 

1つ目は精神的なもので、ストレスや緊張によって性的な興奮を感じなくなる場合です。中には興奮が得られないことにストレスを感じてしまい、余計症状が悪化してしまうこともあります。

 

もう1つの原因は、身体的なものです。膣の大きさが狭くて挿入の際に痛みが強くなってしまったり、ホルモンバランスが崩れているために女性の場合は濡れなくなったり、男性ですと勃起しなくなることもあります。

 

不感症は長期的にゆっくりと症状と向き合っていけば、いつかは治ることが分かっています。焦らずに気持ちにゆとりを持つことがとても重要になります。

【女性の不感症】改善プログラム

不感症を改善する


彼との行為が全く感じない原因、それは体質に関係がありました。女性の為の不感症改善プログラム。美容を東洋医学の世界に初めて持ち込んだ福辻鋭記が女性の為の正しい改善法をお伝えします。


【女性の不感症】改善プログラム


トップへ戻る