セックスレスと毎日の忙しい仕事について

共働きに多いセックスレスと仕事の関係

共働きに多いセックスレスと仕事の関係

共働きに多いセックスレスと仕事の関係

 

仕事をして疲れて眠たいのでセックスをしたくないといったことは日常的な光景と言えます。特に最近多いのが夫婦共働きの家庭ですけど、よりいっそうセックスレスを蔓延させています。

 

子供はまだ作らない家庭だとセックスレスとは無縁と思う方もいるかもしれませんが、逆に共働きでバリバリと働いている夫婦こそ危ないと言えます。

 

子供がいない共働きの夫婦だと片方が外食で片方が家でご飯、帰宅時間もバラバラでゆっくりとしたコミュニケーションもなく、休日だって違う日かもしれません。そういった状況だと嫌でもセックスレスになる可能性が高く、その上に仕事の疲れが重なります。

 

妊娠・出産を経て、仕事復帰する女性も増加していますし、仕事によるストレス、残業もあり、セックスレスへとなっていきます
もちろん共働きの夫婦の中には上手く折り合いをつけたり、スキンシップを欠かせないようにしたり、する日を決めたりとしています。

 

仕事のことも大切ですが、家庭のこともしっかりと考える必要があるでしょう。

仕事のストレスによるセックスレス

仕事で単純に疲れたという理由だけでセックスレスになる方もいますが、意外と怖いのはストレスになります。身体が疲れただけだと元気な時にスキンシップはできますが、ストレスが溜まっているとスキンシップをする余裕がないぐらいに追い詰められることがあります。

 

特に出世をして仕事の責任が重くなってきた30代、40代になるとストレスの掛かり方が増加して、セックスどころではなくなってしまうことが多々あるでしょう。

 

男性の場合だとストレスがEDの原因になることもありまして、直接的なセックスレスに繋がることもあります。仕事の量が増えると疲れやストレスが比例するように増加します。

 

余裕がないとゆっくり楽しむこともできませんし、相手を思いやる気持ちをもつのも難しくなり、セックスレスだけではなく、家庭全般に影響します。

 

仕事からくるストレスによるセックスレスを回避するためにも上手くリフレッシュすることが大切です。これは専業主婦の方や育児中の方にも言えまして、ストレスを抱えることはさまざまなことに影響しますよ。


トップへ戻る